ネットワークビジネス 勧誘方法に驚いた!

いまやネットワークビジネスの勧誘方法ってはいろいろあるんですね~。
従来のネットワークビジネスの勧誘方法は自分の人脈を頼りに友人や知人に対面してビジネスや商品を話をして勧誘する方法が主流です。

最近ではネット集客ができるようになったネットワークビジネス会社も増えたのでインターネットを活用している方も多いですね。

でもネットワークビジネスは、どんなに認知度があっても、ほとんどが対面でお伝えして勧誘します。友人や知人に伝えても「えっ!マルチじゃない」「ねずみ講でしょっ!」と拒否され話も聞いてもらえない、なんてことは常ですね。

勧誘方法で友人や知人を呼び出すときにネットワークビジネスであることや会社名を伝えなかったり勧誘の際、事実とは異なることを言ったり(不実の告知)、事実であることを伝えない(事実の不告知)のは特定商取引法で違法行為で禁止されています。

最近SNSでみかけたネットワークビジネスの勧誘方法で、こんなふうに関心を引いて案内しているサイトがあってちょっと驚きました!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

借金で首が回らない方
抜け出したいけど、抜け出せなくてもがいている方いますよね?
救済することができます!

もし、20万でも100万でも1000万でも苦しんでいる方がいましたら【実際に、3億円の借金を0にできた方法】を教えます。
【弁護士が教えてくれない、本当の情報】を教えます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

債務者救済プログラムという情報なのですが、読み進んでいくと、どうも極論はネットワークビジネスの勧誘方法のひとつみたいなんですよね。債務者救済とはいっても自己破産するより安く60万円よりも安価な費用が最初に必要で、きちんと入金した人にだけ(相手の本気度を確かめているようです)詳細を説明し、対話もして人格やら人間性を見極めてからビジネスの話をすすめるようです。

ネットワークビジネスDubLi(デュブリ)の代理店登録で救済?

ネットワークビジネスでコツコツ稼ぎましょうという話でもないようで、どうもキャッシュバックショピングモールDubLi(デュブリ)の代理店登録のようなのです。

DubLi(デュブリ)とは代理店登録すると様々な形でインセンティブ(報奨金)が入る仕組みになっているネットワークビジネスですね。

DubLiは情報を伝えるだけでモノを売らなくても成り立つビジネスのようでDubLiを使うことによって得られる収益は、自分がショッピングしたことによるキャッシュバックの他に、大きく分けて2つあって、1つは通常の会員でも受け取ることができるもの。

紹介した人が25ドルのキャッシュバックを受けると、紹介者に5ドル紹介料が入ります。また、無料会員が年会費99ドル払ってVIPにアップグレードをすると30日後に、さらに5ドル紹介者へバックされます。

米国の実績によると、フリー会員のキャッシュバックは日本円で、年間4万4〜5千円、VIP会員へは9万4〜5千円あったそうです。これなら、99ドル払ってもVIP会員の方が特なので、多くの人がVIP会員へアップグレードします。

ところが代理店登録すると桁違いの報酬を受け取ることができるようです。

●ショッピング会員からの報酬
まず、自分が紹介したショッピング会員から得られる報酬です。
DubLi代理店へのキャッシュバックは、フリー会員の割引分が原資になります。

VIP会員1〜9人がもらったキャッシュバックの20%
VIP会員10〜19人がもらったキャッシュバックの25%
VIP会員20人以上がもらったキャッシュバックの30%

モノを売らなくてもいいので、商品説明する必要もないし、紹介者に支払ってもらわなくてもいいのです。情報を提供して、必要なときに、必要なだけその人(紹介した人)が買い物をしてくれて、キャッシュバックをもらえて喜んでくれる。

紹介者は、紹介した人が喜んでくれたら嬉しいし、紹介者にもその分インセンティブが入れば尚嬉しいですよね!

同じショッピングモールのAmazonや楽天のバナーを貼るのとなんら変わらない。ネット上へ情報を流すだけでいいという、非常に手間いらずなネットワークビジネスです。

●代理店開拓
代理店を新規開拓することで得られる報酬は登録料の90%、2,250ドルが原資になります。

● 初期登録紹介料
代理店に登録するには、2種類のパッケージのうち、どちらかを購入する必要があります。

PPA:30個のVIPクーポン券を2,475ドルで購入するパッケージ
TM:6個のVIPクーポン券を495ドルで購入するパッケージ
(※TMの場合別途99ドルのVIP登録料が必要)

そして、紹介者にはこのパッケージ料金のうちDubLiが約10%、その残り(約90%)の10%。つまりPPAなら250ドル、TMなら45ドルが入ります。

●チームを構築
リスクは最初の出資分だけで代理店を傘下に増やしていくと、その分の収入も増えていきます。ネットショッピングなら、ネット上で新しい仲間を見つけて新しいビジネスを始められます。

あと、一番の魅力は、VIP会員のクーポン券です。興味のある人にVIP会員クーポンを配って、その良さを解って貰えば口コミで広がるのが早いかもしれません。それにこの情報はインターネットを使って拡散が可能のようです。

情報を伝えるだけで、商品を強制的に買って貰わなくてもいいビジネスモデルで
勧める側もやりやすいし、顧客になってくれた人も損もしないようです。だから、参加企業・代理店・会員の誰も損をしないWin-Win-Winシステムのようです。

それに様々な報酬プランがあるから、頑張って会員を増やしたり、法人紹介などは莫大な収益を生み出すようです。このビジネスモデルは、口コミ販売のいわゆるネットワークビジネスなんですが、こちらはモノを売りつけるわけでもなく、ただ紹介するだけでインセンティブ(紹介料)が入るので、日本上陸した際はどれだけ日本企業が加入するかによって大化けしそうなサービスになりそうです。

わたしは本業のあいまに100万円が稼ぎやすいタイプのコツコツ型のネットワークビジネスで権利収入を徐々に増やしていますが、ネット集客主流の惹き寄せマーケティングという新しいダウン集客のノウハウを無料LINE@でご提供しています。
ネットワークビジネス勧誘方法
友達に嫌われることなく勧誘なしでダウンを作れる方法