録音した声が自分の声じゃないようなのはなぜ?

声

~録音した声が、自分の声じゃないようなのはなぜ?~

誰かと一緒に「たくあん」を食べてみよう。

他人が噛むと「ポリポリ」いい音がする。が、

自分の音は「バリバリ」濁って聞こえる。

なぜか?

それは他人の音は耳から鼓膜に伝わるのに対し、

自分の音は、

口の中で頭蓋骨に響き、聴神経に伝わるからだ。

声も同じで、自分の声は低く聞こえる。

「子供にウケるたのしい雑学(坪内忠太著)」より