老化の犯人 糖化は細胞の焦げ?!

老化 糖化 細胞

糖化のメカニズムを、ホットケーキに例えると卵と牛乳(たんぱく質)に小麦粉と砂糖(糖)を混ぜて焼くと、焼き色が付きます。

これは食品が茶色くなる『メイラード反応』。
糖化は、たんぱく質と糖が体温で焦がされ、褐色の物質に変性するメイラード反応の一種でホットケーキと同じように、体内の細胞が焦げつく現象が糖化です。

たんぱく質と糖質とが結合するとAGEs(終末糖化産物)という褐色の老化物質ができます。

体内の「糖化現象」はまず血中で起こり糖を取り過ぎると、血中に余分な糖が増え赤血球のたんぱく質、ヘモグロビンと結合しAGEsが発生します。

糖化したヘモグロビンは全身に酸素を運ぶ役割を果たせなくなり体中の細胞が低酸素状態に陥って新陳代謝が低下します。

これが進むと体内のあらゆる部位にあるたんぱく質の一種、コラーゲンにAGEsが発生します。すると血管の内側が傷つき動脈硬化になり心筋梗塞や脳梗塞の原因につながります。

毛細血管が詰まりやすくなるので糖尿病網膜症、脳なら認知症にもつながり、さらに骨にもコラーゲンがあるので、骨粗鬆症の原因になるなど全身の病気に「糖化」は関わります。肌のくすみ、たるみやシワも、肌の表皮の下にたまったAGEsが原因です。

健康な人でも、食後は血糖値が上がって血中に糖があふれてAGEsが作られやすく糖化を防ぐには、食後血糖値を急上昇させない習慣が肝要です。

食事をするときは野菜→タンパク質→主食の順に食べる。糖化抑制作用があるモロヘイヤ、フキノトウ、新ショウガ、ブロッコリースプラウトといった野菜やハッサクやマンゴスチンなどの果物、栗の渋皮などがいいそうです。

<糖化ストレスを減らす健康茶>

・柿の葉茶
・カモミールティー
・ドクダミ茶
・ブドウ葉茶
・ゴボウ茶
・甜茶
・ハマ茶
・グァバ茶

老化はできるだけ遅らせ美肌でいつまでも若々しくいたいですね♪

美と健康をサポートしながら収入を得る在宅ワーク成功法