体脂肪を減らす食事方法とアミノ酸飲料

体脂肪を減らすには運動も大切ですが、食事も大切です。

カロリーのもととなる炭水化物・脂質・タンパク質をエネルギーとして効率よく使うためにはビタミン・ミネラルの助けが必要です。
例えば、炭水化物には「ビタミンB1」、脂質には「ビタミンB2」が必要です。

体脂肪を減らす食事方法

栄養バランスのよい食事をするには、「主食」「主菜」「副菜」「汁物」の4品がそろった昔ながらの和食スタイルなら自然とバランスよく食べることができます。欧米でもダイエットに最適として日本食が注目されていますよね^^

体脂肪を減らす食事の時間

夜は脂肪をためる働きのあるホルモンの分泌が盛んになるので、寝る3時間前には食事を終えるのがベスト。

体脂肪を減らすために食事をしない空腹時間が長く続くとカラダが「飢えている」と判断し、できるだけ大量のエネルギーを体脂肪としてため込もうとします。食事時間が不規則だったり、食事を抜いたりするのはおススメできません。

体脂肪を燃やす栄養素

ビタミンB2、ビタミンB6

脂質やタンパク質をエネルギーに変換するときに必要になる栄養素です。

L-カルニチン

必須アミノ酸のリジンとメチオニンから合成されるアミノ酸の一種で体内の脂肪酸の代謝を促進し、中性脂肪や脂肪酸を燃焼する働きがあると言われています。牛肉やヒツジ肉・まぐろの赤身に含まれています。

カプサイシン
唐辛子に含まれる辛味成分で血行促進や発汗作用の他、アドレナリンの分泌を高めて脂肪燃焼を促します。

ショウガオール
生姜に含まれる辛味成分で血行を促進し、冷え症改善にも効果的だといわれています。

発汗作用や抗酸化作用もあり、全身の細胞の新陳代謝を高めます。

アミノ酸飲料

コンビニやスーパーなどで「脂肪を燃焼させる」というキャッチフレーズのアミノ酸飲料があります。

アミノ酸の効果と流れ

1.アミノ酸を体内にとり込むと、脂肪燃焼酵素である
「リパーゼ」がまず初めに活性化されます。      
   ↓
2.リパーゼは溜まった体脂肪の分解をはじめます。      
   ↓
3.分解された体脂肪が血液中に送りこまれます。      
   ↓
4.有酸素運動をすることで血液中の脂肪が効率的に筋肉へ運ばれ、エネルギーとして燃焼されます。つまり、アミノ酸を摂るだけでは脂肪は燃焼されません。燃焼させるためには、アミノ酸を運動する前に飲み、運動を行うことが必要です。 アミノ酸は20種類ほどあり、それぞれにカラダへの役目も異なります。

疲労回復
バリン・ロイシン・イソロイシン・アルギニン

脂肪を燃焼させる
バリン・プロニン・アラニン・アルギニン

免疫力を高める
グルタミン・アルギニン

アミノ酸飲料は電解質バランスがよくカラダに吸収されやすいので、風邪をひいた時・疲れた時・運動の前の水分補給として飲用するといいですが販売されているアミノ酸飲料は、アミノ酸の種類や量が各メーカーごとに違うので、「ダイエットに効きそうだ」「脂肪が燃えそうだ」という先行したイメージで効果を期待しすぎず、アミノ酸飲料には糖分も含まれていることをお忘れなく。

在宅副業成功法;