ブラックパート主婦がそれでも辞めないパートのメリット

ブラックパートとはブラック企業から「残業代が払われない」「契約以外の仕事をさせられる」「忙しすぎる状況について意見を言ったら、突然解雇された」など労働環境の悪いパートや違法行為な待遇を受けているパートさんのことです。女性にとって身近なパートの職場でも困った事態が続々と起きているようです。

ブラックパート

2年間務めたパート先を突然解雇されたという女性。
店をパート1人だけで任され、仕事が厳しいと訴えたけれど聞き入れて
もらえず、ある日突然、勤務日数を減らされ、抗議したところ解雇された
といいます。また病気による長期休暇、妊娠などを理由に解雇されたという
方もいるようです。

会社側の都合にパートシフトを組み、断るとやめるように追い込まれたり、「終業時間の2時間前に帰れと指示された」とか、会社側の都合で帰宅を言い渡された場合などは差分の給料は契約した労働賃金のうち6割を支払う義務があるといいます。

解雇予告

このような解雇事例では、解雇予告手当と日数分の賃金を支払うよう訴え、会社からの支払いを受けることができるそうです。

労働基準法では30日以前に会社側は解雇予告しなければならず、それ以後に通知を受けた場合は請求ができます。

しかし解雇を口頭で通告された場合は解雇通知書で通告日・期日・理由を明らかにしてもらう必要があります。(雇い主が渋る場合もあるので要注意)

「解雇通知書」を渋られた場合は、書面で請求したことを添えて労働監督署に届け出る必要があるという専門家のお話です。

まずは「同僚」や「親しい正社員」に相談してみたり直接、上司に言う際は、言い方に注意して相談をもちかける。それでも改善しなければ、労働基準監督署や労働組合、社会保険労務士など外部に相談するといいようです。

「解雇予告手当」とは

労働基準法では、解雇する場合は、少なくとも30日前に解雇の予告をしなければならないという決まりがあります。予告の日数が30日に満たない場合は、その不足日数分の平均賃金を支払う必要があります。

「解雇通知書」とは

実際に「解雇」が行われたという事実を証明する書類で、労働基準法でも「労働者が退職するとき、労働者がその退職事由(退職事由が解雇の場合はその理由)などについて、証明書を請求した場合は、会社は遅滞なくそれを交付しなければならない」と定められています。

「解雇通知書」のメリット

失業期間に支給される給付金を受け取る際、「自己都合」での退職か「会社都合」での退職かによって、給付を受けられる期間やタイミングが異なるため「解雇された」という事実を証明する書類が重要になります。

また「社会保険に加入させてもらえない」などの場合は下記の2つを満たせば、会社は従業員を社会保険に加入させなければならない義務があります。

・1日または1週の所定労働時間が一般社員のおおむね4分の3以上
・月の所定労働日数が一般社員のおおむね4分の3以上

「ユニオン」とは

個人でも加入できる労働組合です。組合に加入すれば、会社側に「団体交渉」を申し入れることができます。交渉を要求された場合、会社側は断ることができません。

トラブルを未然に防ぐために勤務日数や勤務時間の欄に「○○日以内」や「○○時間程度」という表記があった場合、どれぐらいの幅があるのかを、会社側に事前に確認しておくことが大切です。

契約書がない場合は・・・
自分で労働時間や勤務日数、待遇などを記したメモを作り、企業の担当者に手渡したり、メールで送っておくと、いざというときに役立ちます。

ブラックパートでも辞めない主婦たち

家計を支えている主婦の方々は「ブラックパート」といわれる過酷なパート現場が増え、
おかしいと思っていても辞めようとしません。

それは、なぜかというと・・・

企業が求める年齢制限等の理由で新しい仕事をみつけるのが非常に厳しいという現実が
あるからです。

家事や育児をしなければならない主婦だからこそ、パートを選ぶ人が多いわけですが
パートのメリットは何といっても、勤務時間や日にちの都合がつくことです。

勤務時間や日にちの都合がつく仕事といえば在宅ワークも同様です。
在宅ワークも多種ありますが在宅式のネットワークビジネスという魅力的な仕事もあります。

在宅式ネットワークビジネスとは

在宅式ネットワークビジネスは在宅でパソコンとプリンター、インターネット環境が
あればできる仕事です。ただしネットワークビジネスですから最初は即金にはなりません。

ですがコツコツ継続することでパート以上の収入を得られる可能性もあります。始めてみたら1年後、2年後にはあなたの生活が今と異なり劇的に変化しているかもしれません。

わたしは自宅で小さなエステサロンを営んでいますが勤務時間や日にちの都合がつく
サイドビジネスを探していた時にこの在宅式ネットワークビジネスに出会いました。

メールの送受信ができるくらいのパソコン初心者でしたがこのビジネスで自然とスキルも
アップしましたし全国の方々とご縁を繋げますし、収入も得られるようになって嬉しい
限りです。

ネットワークビジネスの基礎知識はこちら

在宅式ネットワークビジネスの特徴はこちら