MLM「明暗を分ける最初の18 秒」重要なのはこれ!

『ネットワークビジネス9つの罠』の著書マイク・カキハラさんの新しい電子書籍があります。『ネットワークビジネス 明暗を分ける最初の18秒

ネットワークビジネスでは、伝える時の最初の 18 秒が、とても重要です。この最初の 18秒が上手く出来れば、後は少々下手なプレゼンテーションでも全くOK。

ところが、この最初の 18秒で失敗すると、後でいくら素晴らしいプレゼンテーションをしても、全く無意味なのだそうです。人は、誰かに会ったその瞬間にその人を受け入れるかどうか直感で判断します。だからよく第一印象はとても大切ともいわれるのでしょうね!

私も本業で初めてご来店されるお客様に接するときは不快な思いをされないように細心の注意を心掛けます。ネットワークビジネスに限らず初めて人と接するときに大切なのは信頼してもらえるかどうかだと私も思います。

そんな意味でも『ネットワークビジネス 明暗を分ける最初の18秒』を一度読まれてみると「なるほど~!」と学べることが多いと思います。ネットワークビジネスで私は「喋るのが得意じゃない~」という方でも上手くネットワークを広げる方法があります。

そんな方のために在宅ネットワークビジネスの集客ノウハウの成功法をお伝えしています。

在宅ネットワークビジネスとは

ネットワークビジネスは、さまざまな形態がありますが実際には、ある程度の在庫を買ってそれを販売する【販売型ビジネス】と在庫は持たず、一定の条件を満たす自己消費分だけを購入して、同じように購入する人を増やして行く【購買型ビジネス】の2種類があります。

私が活動するインターネットのネットワークビジネスは【購買型】なので在庫を抱えることもなくどなたにも公平な報酬プランです。さらに口コミ、勧誘をしなくてもビジネス、製品に最初から興味のある方々を全国から集客できます。

なので被害をもたらす心配もないので、堂々と晴れ晴れとネットワークビジネスができることを私は誇りに思っています。

その理由はこちら。
在宅ネットワークビジネスの成功法

ネットワークビジネス勧誘しない集客方法

ネットワークビジネスの勧誘に行き詰っている人も多いかと思います。
ネットワークビジネスで活動している殆どの人たちは、成功したい、権利収入を得てゆとりのある人生を送りたい、と願って必死に活動しているのだと思います。

でも、口コミで友人、知人を勧誘するしか方法がないのだとしたら、すぐに限界が来てしまうかもしれません・・・いくら製品力があってもネットワークを広げることができなければビジネスとして成り立ちませんね。

私の活動するネットワークビジネスの母体会社は日本ではほとんど知られていない企業ですが、アメリカでは有名な会社で、1936年に創業され、ネットワークビジネス会社としての形態を取り入れたのは1992年からという、隠れた老舗です。

社の理念は『一に製品力、二に製品力、そして三にも製品力』という社の利益よりも製品力を優先し、より高品質な製品を世界中に届けていることが誇れるところのひとつです!

ネットワークを広げるのに行き詰ることもありません。それはある秘密の手法があるからなのです。ネットワークビジネスに実際に参加してみると、集客のノウハウがまったくないグループだった・・という事は良くあります。

ネットワークビジネスはそれはしっかりとした集客ノウハウがあればこそ、成功する可能性が大きくなるのです。

在宅ネットワークビジネス成功法