DINKS世帯のためのおこづかい増幅法

''DINKS世帯''

DINKS世帯とは共働き(Double Income)で、かつ
子供がいない(No KidS)世帯のことをDINKS(ダブル・インカム・ノー・キッズ)世帯といいます。

バブル期、DINKSが増加傾向にあった1990年「30〜40代のサラリーマンの約6割が給料は全額妻に渡し、妻から小遣いをもらう」。

約30年前は共働きでも妻が家計を預かる場合が多く、相手の収入を把握していない世帯は珍しいくらいだったんですよね。

「遊びも旅行も夫婦一緒」が象徴的だった30年前とは明らかに異なり財布は別々、愛用するモノも別々で、一つ屋根の下に「おひとりさま」が2人同居する新DINKSと変化してきているとか。

新DINKSは、このようなカップル。

・別々に貯蓄している。50.0%

・共働きで子供がいないので個人の消費が楽しめる81.3%

・夫や妻が休日に友人んとでかけてもいい93.2%

・結婚しても食事に行く異性の友達がいてもいい67.7%

・配偶者を伴わず友人と旅行にいくのに抵抗はない60.0%



新DINKSは2012年就業構造基本調査では362万6000世帯、現在はもっと増加しているんでしょうね。「誰よりも仲がいい最高のルームメート」で結婚による束縛や我慢は最小限で別々の財布を持ち、独身時代の付き合いも楽しむ開放感が新DINKSの結びつきを強めているのかもしれません。

昨今、晩婚傾向だし、少子化対策にはなりませんがこれこそ理想的な結婚のあり方ではないかとわたしは思います^^DINKS世帯だったら私の離婚もなかったかもしれません(;^ω^)

民間調査によるとサラリーマンのお小遣いの平均は4万円弱で、新DINKSは「そこそこリッチ」といえますが収入が減り、将来、年金ももらえるか分からないし30年前のDINKSのようなリッチ層は一握りかもしれません。

DINKS世帯の老後

''DINKS世帯''

自営業者夫婦の場合は夫婦それぞれが満額の基礎年金をもらっても合計で13.2万円くらいですがDINKS夫婦の年金額はこの2倍以上です。

会社員(正社員)であるDINKS世帯は、扶養者控除等は使えないため現役時代は夫婦それぞれがしっかり税金を引かれますが、ふたりとも厚生年金に加入していますから、老齢基礎年金(国民年金に相当)、老齢厚生年金を二人が
それぞれ受けられることになります。

年金生活に入れば、税金も社会保険料もほとんど引かれませんしまた住宅ローンは返し終わっていれば毎月の固定費もぐっと下がりますね。生活に困らない程度の年金額ですよね〜。

ただし、それぞれ65歳から、ということは夫婦の年齢差が大きい場合、どちらか片方が年金を受け始め、その後夫婦で満額になるまでタイムラグが生じます。

それでもDINKS世代の老後は足らない?

''DINKS世帯''

他の世帯より多くの公的年金を期待できるDINKS世帯
ですが、現役時代なら毎月入ってくる給与やボーナス
がかなりの金額で家賃や住宅ローンを引いても、自由
にできる金額が毎月20万円以上というゆとりのあった
生活を一気に半分にしなければならないのが年金生活
です。



他の世帯に比べれば多い年金額も、「こんなに下がるなんて!」、ということになってしまわないように公的年金にプラスして、老後のための準備を意識しておくことも大切ではないでしょうか。

DINKS世帯のゆとりある老後の備え

2人とも会社員のDINKS世帯の場合は退職金を二人とももらえますしこれは強力な老後の財産です。それに子育てのための経済的負担がありません。学費は高校と大学だけでも1,000万円近い費用がかかるとされているし、誕生から成人までの費用を考えれば合計で2,000万円を超えます。

共働きの子育て夫婦世帯では学費以外の子育て費用は毎月の生活費の中に織り込まれているため、DINKS世帯と共働きの子育て夫婦世帯では同じ年収であっても生活水準に大きな違いがありますね。

DINKSの年金の備え方

DINKS世帯はしっかり意識さえすれば、老後資産形成に大きな余裕がありますが正社員として保険料を納めている場合、これ以上年金を増やす方法は、仕事をさらに頑張り収入をUPし保険料も多く納めるしかありません。でも公的年金アップには限界があるわけです。

そうであれば、DINKS世帯として考えるべきは自分年金をつくりしかありません。他の世帯が考えるよりももっと高い目標を設定して、老後資産形成に取り組むべきかもしれません。一般にはファミリー世帯に対して3000万円の老後資金準備目標を掲げますが、DINKS世帯はもっと上積みしたほうがいいようです。

ざっと20年の老後を年金以外に毎月いくら欲しいか考えゆとり生活に備えるための対策は必要だと思います。

美と健康をサポートしながら自分年金をつくるお得な方法

DINKS世帯

自営業者の私は老後の暮らしは年金だけでは絶対に足りません!
なので老後のことを考え今から無理な負担もなく長期的に収入を
得られる土台作りとして在宅式のネットワークビジネスをして
います。

労働収入でお金をたくさん稼ぐこととネットワークビジネスで
成功することは全く別の意味があります。

ネットワークビジネスは即金性のある仕事ではありませんが、
コツコツと活動を続けることで、経済的・時間的な自由となる
【権利収入・不労所得】を得る可能性を持つ素晴らしいビジネス
なのです。

ネットワークビジネスの権利収入のメリットは一度権利を作れれば、その権利が一生続きます。本業の他に副業までするのは、その夢や目標を達成したいから、心豊かにゆとりをもって生きていきたいから、そのために今、ビジネスを頑張って「継続的に入る権利収入」と「時間のゆとり」を手に入れたい!そのすべてを手に入れる可能性を高めることができるのです。

権利収入+年金ライフを笑顔でワクワク過ごし、健康で美しく元気に過ごすことができたら最高ですね!

私が実践している、この在宅式ネットワークビジネスに、ご興味をお持ちになりましたら
まずは必要な心構えやその成功法を、7日間の無料メールセミナーでお確かめ下さい。
その上で更にご希望の方に詳しいビジネス資料を無料で差し上げております。

 ネットワークビジネス完全在宅で成功できる秘密のメールセミナーをお届けします!
お名前
メールアドレス 半角英数字

*7日間で終了のメルマガを送らせていただきます。
*iPhone・携帯アドレスの場合メールが届かない場合があります。
*PCメールアドレスでのご登録をお願い致します。
*メールセミナーは、ワンクリックで解除可能です。



Tag: DINKS世帯