ネットワークビジネス化粧品 薬用化粧品の定義

ネットワークビジネス化粧品業界のみならず店頭販売や通信販売などでも日々、数えられないほどの多くの化粧品が流通しています。

化粧品と薬用化粧品の違いってご存知ですか?

化粧品の頭に「薬用」とついているとより効果の高い優れた化粧品のような印象を持つかもしれませんが薬用化粧品は薬事法で化粧品とは異なる分類をされています。

ネットワークビジネス化粧品

●化粧品の定義 【薬事法】第二条第3項

化粧品とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚、若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。

この定義にもとづき化粧品に該当するのは基礎化粧品、石けん、歯磨き剤、シャンプーリンス、スキンケア用品、メイクアップ用品、入浴剤、香水などです。

化粧品と薬用化粧品は使用する目的、使用方法は同じでも薬用化粧品は薬事法上「医薬部外品」に分類されます。

●薬用化粧品の定義 【薬事法】第二条第2項

次の各号に掲げることが目的とされており、かつ、人体に対する作用が緩和なものであって器具器械でないもの及びこれらに準ずる物で厚生労働大臣の指定するものをいう。

ネットワークビジネス化粧品

1.吐きけその他の不快感又は口臭若しくは
 体臭の防止

2.あせも、ただれ等の防止

3.脱毛の防止、育毛又は除毛

4.人又は動物の保健のためにするねずみ、
 はえ、蚊、のみ等駆除又は防止

主な該当商品 薬用歯磨き剤、制汗スプレー、薬用クリーム、ベビーパウダー、育毛剤、染毛剤、入浴剤、薬用石けん、他。

ネットワークビジネスのディストリビューターは化粧品をお伝えするときは薬用化粧品の広告表現を安易に流用せず、薬事法による定義や区分をしっかり頭に入れておきましょう。

ネットワークビジネスは誰もが同じチャンスを持ち仲間同士で助け合っていくビジネスです。従来のやり方で成功する方法なら私はお伝えすることができませんがある方法を使うことによって、自分の人脈だけに限定されず、しかも自分の人脈にはありえない方と、ご縁をいただくことが出来ます。

ネットワークビジネの化粧品は本業であるサロンでお勧めしやすいだろうと思われがちですが、わたしは口コミすることは得意ではありません(^-^;

ご興味のあるお客様には、もちろんお伝えしますがネットワークビジネスの化粧品をこちらからご案内したことは一度もないんですょ。

なぜなら口コミしなくても全国からネットワークビジネスの商品、ビジネスにご興味のある方々からお問い合わせいただくことが出来るからなのです。

口コミせずにネットワークビジネスが成功する方法

【完全在宅】Happyな在宅MLM成功法・無料メールセミナー 
お名前
メールアドレス  半角英数字

*メールセミナーに登録させていただきます。
*携帯電話アドレスの場合メールが届かない場合があります。
*携帯電話アドレス以外でのご登録をお願い致します。
*メールセミナーは、ワンクリックで解除可能です。





Tag: 化粧品 薬用化粧品
a:884 t:1 y:0