在宅MLMで不測の備え 家族が若年性認知症になってしまったら

人生どんなことが起こるかわかりません。不測の備えに私は在宅ネットワークビジネスに取り組んでいます。

家計の担い手が若年性認知症になってしまったら休職や退職につながることが多く、それまでと同じ収入を得るのは難しいですし、住宅ローンや教育費を抱える現役世代にとっては困窮してしまいます。

認知症に限らず家族だったり、また自分自身が、家計の担い手が不測の事態で働けなくなれば困惑します。経済支援制度を利用するにしてもそのためには手続きや労力を要します。ただでさえ精神的にダメージを受けているときは気持ちも沈みます。そんなときにせめて経済的な不安がないだけでも救われると思います。

働けなくても毎月不労収入があれば気持ちにゆとりが生まれます。気持ちにゆとりがあれば精神的にとても楽ではないでしょうか。

''不測の備え''

「夫がふつうに働き続け、退職後は退職金の一部で家のローンの残額を減らして……」。
専業主婦Aさんが思い描いた将来は、公務員だった夫が5年前56歳で若年性認知症と診断されたことで一変しました。

夫は電話応対の失敗や書類の提出忘れが続き、診断を機に休職し、子ども2人は大学生と専門学校生で学費がかかる時期でした。その10年前に一戸建てを購入して20年ローンを組み、約3千万円の返済も残っていました。

休職中も数カ月は給与が全額出ましたが、その後は減額され、傷病手当金を受け58歳で退職。その後は公務員で共済組合に加入していたため、当初は障害年金が2級で月18万くらい支給されました。後に1級になり月24万円ほどを受け取ることができ,介護保険の利用も始め、精神障害者保健福祉手帳も取ったそうです。

''不測の備え''

女性は、介護をしつつパート収入で支え、それでも住宅ローンが重くのしかかります。月々の支払いは、なんとかやりくりできたもののボーナス時の支払いができない、家を手放すことも考えたが、「夫が選んだ家だし環境が変わると、夫の症状が進むと思った」ので、どどまりました。

食費も切り詰め、支払いも遅れ、夫の徘徊(はいかい)や暴力の症状がひどくなり夫は入院。入院費や生活費のために貯金や退職金を取り崩し、自分の生命保険を解約し、実家にも頼りました。

若年認知症の人が利用できる主な経済支援制度

若年認知症の人は全国に約3万8千人。現役世代が多く、経済的支援は欠かせませんが、認知症の高齢者462 万人に比べて少なく、制度の情報は行き届いていない。障害年金を受けている若年認知症の人は約3割、障害者手帳を取得しているのは約4割しかいないとの調査もあるようです。

障害者手帳や自立支援医療は比較的初期から利用できるようですが障害年金の受給資格は、初診日から原則1年6カ月後に認定されるため早めの受診が大切だといいます。

住宅ローンについては、保険会社によって「高度障害」の判断が異なり、認知症なら免除されるというわけではないので仕組みを把握しておくことは大切で、免除される可能性を知らずに退職金で残額を一度に払い、生活費に苦しむ家族もいるといいます。

【若年認知症の人が利用できる主な経済支援制度】


●精神障害者保健福祉手帳

障害の程度(1〜3級)に応じて所得税・住民税の控除や自動車税の減免などが
受けられる

●自立支援医療
認知症の通院医療費の自己負担が1割に。負担額が大きくならないように所得に
応じて上限額を設定

●傷病手当金
会社員や公務員らが病気で休業した場合、職場の健康保険から最長1年6カ月支給。
額は給与による

●障害年金
障害の程度により国民年金は1〜2級、厚生年金は1〜3級がある。
国民年金1級で年約98万円。

●特別障害者手当
著しく重度の障害があり在宅で常時特別な介護が必要な場合に受給できる福祉制度。
月2万6620円


※いずれも障害の程度や所得などの条件があります。


 病気により引き起こされる認知症

認知症は、年を取れば自然となるものだと思っていましたが、病気により引き起こされる認知症もあるんですね。認知症は、大きく分けて次の4つに分類されます。

【認知症の種類による病気】


●アルツハイマー型認知症・・・アルツハイマー病が原因となる


●脳血管性認知症・・・脳出血や脳梗塞が原因となる


●レビー小体型認知症・・・レビー小体病が原因となる


●前頭側頭型認知症・・・前頭側頭葉変性症が原因となる

この中で、アルツハイマー型の占める割合が一番多く、認知症全体の半分を占めています。
次に多いのは脳血管性認知症で、30%になります。

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー病の原因は、脳内にアミロイドβというたんぱく質が蓄積することで発症することです。アミロイドβは、脳の神経細胞を傷つけていき、せっかくつながっていた神経を分断していきます。

やっかいなことに、アミロイドβは加齢とともに脳の中に、ゴミのように増えていくんです。
人間の体の仕組みとして、アミロイドβを血液に廃棄する働きのあるタンパク質があるので、アミロイドβが溜まらないですね。

ですが、アルツハイマー病予備軍の人は、ゴミを捨てる働きのある3つのタンパク質が少ないこと分かってきました。でもアルツハイマー型認知症は、早期発見で重症化を防ぐことができます!

脳血管性認知症

脳血管性認知症は、脳梗塞や脳出血を起こす事によって、十分な血液が脳細胞にいきわたらずに認知症になります。

それは脳の細胞に必要な酸素が送られなくなるので、脳の神経細胞が死んでしまうので認知症が起こります。

脳血管性認知症は生活習慣病が原因となっています。
高血圧や高脂血症、糖尿病などにならないようにすることが予防につながります。

物忘れやめまい、しびれ、耳鳴りなどの症状がありますが、もう歳だから物忘れするようになったんだなどと思いがちですが、細い血管が詰まる場合もあるので注意が必要ですね。

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症は、レビー小体というたんぱく質が脳にたまることで起こる認知症です。
この病気は男性に多く女性の2倍とも言われています。

特徴は視覚障害、モノが歪んで見えることがあるため、文字を書いていても書く場所が分からなくなったり、文字そのものが書けなくなったりします。

初期の頃には、幻覚(幻視・幻聴など)があり、誰かが部屋に入って来たなどと言うことがあります。なぜ、このようなたんぱく質が脳に溜まるようになるのかはまだ分かっていません。

前頭側頭型認知症

前頭側頭型認知症は、側頭葉と後頭葉が萎縮するために起きる症状です。
側頭葉には記憶中枢があり、後頭葉は言葉を理解したり、情報処理をする場所です。
記憶中枢は感情をコントロールするところでもあるので、異常な行動がみられる場合があります。患者数が少なく、ゆっくりと10年以上かけて進行する認知症で、原因もよくわかっていなくて、有効な薬もまだありません。

認知症の原因となる病気には、アルツハイマー病・脳出血や脳梗塞・レビー小体病・前頭側頭葉変性症があります。この中でアルツハイマー病の占める割合が一番多く、認知症全体の半分を占めていました。

最近の研究で分かったことは、アルツハイマー病が発症する20年前くらいからアミロイドβは少しずつ増えていくということです。生活習慣を変えるだけでたんぱく質が変わる可能性があるとも言われているのです。

だから40歳代〜50歳代から気を付けることが大事だそうです。

不測の事態に備え 不労収入の構築

''不測の備え''

わたしはひとり身の自営業者です。両親は既に他界していますから親の介護はありませんが50代ともなれば自分の健康も気になりますし、いつもで元気で働けるかわかりません。

自営業者は厚生年金とは異なり年金額も少ないですから自分年金をつくり将来に備えるしかありません。そのために将来を見越した資産形成が可能な
在宅でできるネットワークビジネスを副業として始めたのです。

在宅式ネットワークビジネスは副業としての権利収入源の構築を本業のあいまに自宅でくつろぎながら、じっくり取り組んで行くことができるのが魅力です!

人生にゆとりを生み出すためには、毎月の労働収入以外にプラス不労所得、権利収入があれば不測の事態がおきても安心ですよね。

 ◆ パソコンひとつで権利収入を得る在宅ネットワークビジネス成功法
お名前
メールアドレス 半角英数字

*7日間で終了のメルマガを送らせていただきます。
*iPhone・携帯アドレスの場合メールが届かない場合があります。
*PCメールアドレスでのご登録をお願い致します。
*メールセミナーは、ワンクリックで解除可能です。



Tag: MLM 不測の備え 若年性認知症