自宅サロンの赤字をサポート 将来安心の在宅ネット副業

''自宅サロン赤字''

エステティシャン・ネイリスト・美容師・アロマセラピストなど
自宅サロンを営んでいる方はお客様の集客率が少なければ赤字に
なってしまいますよね。

赤字経営が続けばサロン存続に大きく関わります。

エステティシャンのわたしは自宅サロンを営んでいますが、
始めたばかりの頃は赤字になってしまうことが多々ありました。

そんな時は貯蓄を崩し、なんとかやり過ごしてきましたが自宅サロン
経営の赤字を防ぐために自分で手作りのチラシをポスティングしたり
日帰りの入浴施設や有料老人ホーム、会社など出張ケアの営業に行ったりもしました。

その後はお客様のご予約も少しづつ増えて繁盛店とまではいかなくても赤字経営からは脱出できましたが蓄えは残り少なくなりました(-_-;)


    ''自宅サロン赤字''


あるとき運営していくのに大きな資金が必要となり金融機関に相談に行ったことがありました。その時言われたのは「このままでは自宅サロンの存続は厳しくありませんか?どこかへ就職したほうがいいんじゃないですか?」

「就職できるならとっくにそうしてるわ!」このとき私は40代でしたから、お若い方と違って雇ってくれるところなど何処にもありません。

たしかにパートでもアルバイトでも勤めれば、お給料の多い少ないは別にしても毎月定収入が得られます。でも毎日決まった時間に出勤し、働く時間の拘束、人に遣われる気苦労、同僚との人間関係など、自宅サロンの存続と外で働くことを天秤にかけたら自分の力で収入を得ることをわたしは選んだのです!

もう〜意地でも自宅サロンを何とか軌道に乗せるしかありません!
こんな経験を経てもう15年過ぎましたが・・・(^-^;

''自宅サロン赤字''

偏見かもしれませんが、昨今おしゃれなネーミング
のサロネーゼなどは安定した収入のあるパートナー
の傍らで優雅に自宅サロンを楽しみ営んでいる。

そんなイメージなので、多少の赤字経営でも焦る
ようなことはないように思いますが自宅サロン経営
で、ご家族を養っているという方は赤字経営では
路頭に迷ってしまいますから切実な問題です。



自宅サロン経営の自営業者は健康である身体がなにより資本となります。体調をくづしたり怪我や病気になれば収入が途絶えてしまいます。だからこそ、自分の変わりに{資産・お金・人}に稼いでもらう仕組みを作り何が起こるかわからない不測の事態に備えてことが重要です。

''自宅サロン赤字''

自分が働かなくても、毎月、自動的に利益が発生する不労所得を稼ぐ仕組みを作れば、自宅サロンが赤字でも長くやっていける可能性が増えます。

自分でお金を生み出す仕組み創りをしてしまえばあとは不労収入、権利収入源の構築が可能な在宅ネット副業、私が選んだのは在宅式ネットワークビジネスです。

ネットワークビジネスの基礎知識



在宅式ネットワークビジネスなら本業のあい間に無理なく活動
できますし自分らしくリッチエレガントに輝けると思います♪

私が実践している、この在宅式ネットワークビジネスに、ご興味をお持ちになりましたら
まずは成功するために、どんな心構えやコツが必要なのかを、7日間の無料メールセミナー
でお確かめ下さい。ご登録なこちら↓

◆ 完全在宅で成功できる秘密のメールセミナーをお届けします!
お名前
メールアドレス  半角英数字


大切な家族のために在宅式ネットワークビジネスで権利収入源を構築する方法







Tag: 自宅サロン 赤字
a:624 t:1 y:0