自宅サロンきびしい現実をリッチエレガントに変える方法

自宅サロンの仕事がoffの今日は、運動不足ぎみなので久しぶりにエアロビに行ってきました。そこで以前、自宅サロンでネイルケアをしていた知人に合いました。

彼女はネイルケアだけでは生計が成り立たないからと言ってフェイシャルケア技術を学んだ私の生徒さんです。

今では美容関係から退き、別の仕事で生計を立てていますが50才を目前に経済的に独立したいといいます。 私のことを「17年もサロン存続をよくひとりでやっているよね~たいしたもんだねぇ~」と励まされました^^

ひとり者でなく安定収入を稼ぐご主人様の傍らで自宅サロンを営むには、そんなに苦労もいらないのでしょうが、生活費もサロンの運営費も両方ひとりで賄うには正直厳しいのが現実です。

これまでを振り返り、よく頑張ってこれたものだと自分でも感心しています(^-^; でもこれからの将来はそんな呑気なことをいっていられません。

自営業者ですから何の保障もありませんし貯金などは微々たるものです。年金だって国保ですから厚生年金と異なり当てにできません。



知人の彼女は、ご主人と別居中でしたがご主人の援助とパートで収入を得ていて生計を立てていましたが突然、ご主人がなくなってしまい当然、ご主人から援助されていた収入が無くなったわけですから昼はコンビニで働き、夜は家政婦さんの仕事と掛け持ちで働いているのだそうです。

若いうちなら多少の無理もできますが50代でふたつの労働収入では体力にも限界があります。

自宅サロンのきびしい現実をサポート

将来に備えて、経済的自立を見据え私が選んだ在宅副業はインターネットで活動できるネットワークビジネスです。インターネットで集客するため、周りの人を勧誘することもなく、知られることもなく、在宅で空いた時間にできます。

ほとんどのネットワークビジネスは「口コミ勧誘のビジネス」であり、セミナーに行くことで成功できると言われていますが口コミによるネットワークビジネスでは人脈に尽きてしまい諦めてしまうのが現実です。

「私は、顔も広いし組織・人脈をも持ってますから。」と言う人には、収入にも繋がりやすいでしょうが たとえ自分が出来たとしても、ダウンさんが同じように、人脈つくりをしてセミナー会場への動員をしていかなければなりません。

一時的収入は得られたとしても継続的収入を得ることは難しいでしょう。いずれは人脈の限界の壁にぶち当たり挫折することが考えられます。

また誘い方を間違うと、友人知人の人間関係まで気まづくなります。このような失敗をすることなくネットワークビジネスができれば成功する可能性が高まります!

サロンの閉店後、または日中でもお客様のいない間の隙間時間を活用して取り組むことができ続けることで構築できた権利収入源はとてもうれしい副収入です♪
私がこうして安心してサロン経営ができるのも実は、この在宅副業のおかげなのです^^


将来ほったらかしでも収入が振り込まれ続ける夢のような在宅MLM成功法







Tag: 自宅サロン 現実