自営業者女性が在宅MLMで権利収入をつかむ究極の方法

自営業者女性が権利収入を作るならこんな究極の方法はいかが?

50代の彼女は子供が二人いる未亡人、お見合いした相手は10才年上で子供がいる(既に独立している)離婚歴のある男性で家、土地と、財産ありの多少のお金持ち。

再婚相手に家事全般を任せられることを希望していたようですが彼女と再婚して3年後には男性が掃除、洗濯、料理もこなしているそうです^^

そんなとき彼女はどうしてるのかって?

そんな男性の横でソファに大の字に座り、テレビを観ているだけ。毎日カラオケ、日本舞踊など趣味三昧で衣装代や発表会の費用もご主人様の懐から出していただく優雅な生活。

他人がいようがいまいが関係なく、50才のおばさんが猫撫で声で「ねぇ~ねぇ~♪」と彼女が男性にねだる姿は横にいても嫌悪感しかない。

再婚する時、「前の奥さんと住んでいた家には住みたくない」と、新築の家を男性に建てさせ、男性の子供には、今まで出資したお金は遺産相続となったときには生前贈与分として差し引いていいのよね~と呆れた発言。

再婚後、彼女は土地、家の名義は男性から全て、自分のものに替え、将来全ての権利が自分のものになり生活に困ることは一切ない。

こんな彼女はある意味、女性として、とても賢い!でも、あなたはこんなに、したたかに生きられますか?

わたしは、こんな生き方の女性を否定(既にしてるか?(^-^;)するつもりはありませんがわたしはこんな器用でもありませんし、離婚してもう18年も気楽な、おひとり様生活の魅力を手離せないでいるのだから不器用でも自分の力で権利収入を手にし、将来に備えるしかありません。

在宅ネットビジネスの副業で権利収入

在宅ネットワークビジネス権利収入

わたしの本業は自宅でエステサロンを営んでいますが、これは労働収入。権利収入は労働収入との違いは、一度行なった労働が権利を生み、その権利から継続収入を得られること。

わたしが本業のあいまに在宅でできる副業として権利収入を構築しているのはパソコンさえあればできる完全在宅のネットワークビジネスです。

口コミも身近な人を勧誘する必要はありませんし、権利収入を確保できれば、自由なライフスタイルを実現できます。権利収入を確立できれば、家族と過ごす時間、旅行に行く時間、好きなことをする時間が確保できます。そして時間は誰にでも平等に与えられている資産ですからね。

ネットワークビジネスの権利収入は、最初は微々たる収入としてスタートします。ところが、複利の力で増えて行くので、継続することで大きな収入に繋がります。

権利収入の確立こそ、やりがいのある仕事ですし、生涯かけても取り組むべき副業だと、自営業者おひとり様女性のわたしは考えています。

自宅でマイペースで楽しくできて、将来はほったらかしでも収入が振り込まれ続ける【権利収入的】な可能性に満ちたネットビジネスがあるとしたら?

自営業者が本業の合い間に将来に備えた権利収入を得る成功法