自営業者の老後不安は在宅MLMの権利収入で解消

権利収入は、本を書いた著者や音楽などの著作権、投資、株の配当、不動産オーナーであったりしますが、そのほとんどが、初期投資に莫大な資金と特別な才能が必要です。

ネットワークビジネスの権利収入源の構築には時間がかかりますがネットワークビジネスの場合、単に気に入った製品を伝えて、愛用者が生まれることでマーケットが広がり、またビジネスを一緒に展開していく人が出てきた場合、権利収入を構築していくことが可能です。この権利収入の価値がネットワークビジネスの最大の魅力です。

ネットワークビジネスは会社に雇われた生き方とは違い、時間の拘束から解放され時間のコントロールが自由になる利点もあります。またネットワークビジネスは会社に就職するとなると、学歴から職歴、能力などが問われますが過去や経歴、才能なども問われませんね。

そのためネットワークビジネス業界は主婦の方などの参加が7割を占めるそうです。昨今は男性からの自立を考えている女性が増えてきている現実もあります。女性の方が現実世界をしっかりと見る力があり、たとえ結婚していても、夫の会社の将来など、万が一を想定し大手企業でも一生の保証がないということ捉えています。

そうなると、次に女性が考えるのが、夫の収入からの自立です。何が起きても大丈夫な経済的な基盤を作ることは大切です。

自営業者の将来の生活不安

自営業者の老後

自営業者の場合、働けるうちはいつまでも働き続け、収入を確保することはできるけれど健康状態が悪くなったり、足腰も立たなくなって入院したりしたら収入は途絶えます。

権利収入や余裕資金を持っていなければ、安心した老後は送れませんし自営業者の将来は国民年金だけで生活しなければなりません。

厚生労働省がまとめた調査結果では国民年金加入者の4人に1人が無収入、そして、国民保険加入者の年収は、平均159万円、これが平成21年度の所得実態調査の結果です。また、昨年度の国民年金保険料の納付率は、58.6%で過去最低を記録しました。

不安定な雇用を余儀なくされている若者が増大し、保険料を払いきれない例が目立ってきています。少子化で勤労世代が減っていく現状では社会は支えられませんし将来の不安は増すばかりです。

経済的にも精神的にも生きがいを見つめ、充実した日々を送るように老後の備えは早いうちからしたほうが賢明ですよね。そう考え、私は在宅でできるインターネットのネットワークビジネスをしています。

そして経済状況からくる老後への不安は消え収入の面でも精神的にも良い解決策を手に入れたことは、とても幸せだと思っています。

インターネットで集客するネットワークビジネス

自営業者の老後

私は無料セミナー登録して資料請求してから初めて知った、このインターネットのネットワークビジネスにとても魅了されました。

インターネットの特性を利用しインターネットの“良さ”を活かした活動で、知り合いに口コミする必要はないし、完全在宅で出来るから本業の合間時間の作業の積み重ねで、権利収入を得られるようになりネットワークビジネス初心者でも一から教えてくれ、サポート体制も整っていて安心して活動できます。

インターネットでの集客だから全国に仲間ができる、人脈が途絶えるってことがない!ってことが魅力ですね♪私は対面よりインターネットの方がみんなとの距離が断然近いんじゃないかと思うことがあります。だからこそを自信もって伝えます。

そして、在宅ネットワークビジネスの中でもわたしが活動しているグループは、人と人の繋がりがあり人間味のあるそして誠実で成功者意識の高い素敵な人の輪もあります。

慣れ親しんだことのみに、こだわるだけでなく、新しいことを取り入れることで、人は成長します。そしてビジネスの結果、どのくらいお金を稼いだとか、どのくらいゆとりのある生活ができたか、ということより、このビジネスで出会った人たちに、どのくらい思いやりを持って接することができたか、どのくらい相手の立場になって考えてあげることができたか、どのくらい相手の気持ちに答えることができたか、こういうことが心の中の財産となり人間力を高めます。

そんなことを学ぶことが出来るのもインターネットのネットワークビジネス成功法のひとつです。

将来、年金プラス毎月不労収入が振り込まれ続ける資産づくりのご提案
在宅MLM成功法