老後の生活不安を解消する50代おひとりさま女性の秘策

おひとりさま女性、50代ともなれば老後の生活不安がついてまわります。

わたしの知り合いで53才、おひとり様女性のこの方は、正社員での就職先が見つからずパートで働いています。時給900円で1日8時間、月~金曜日の週5日勤務です。月に23日の出勤として月給だいたい17万円弱。保険など引かれ手取りは14万円くらいでボーナス、昇給もなし。

公営住宅に住み家賃は月々5万円。生活はギリギリで貯蓄は多少あるようですが将来受給される年金を足しても老後の生活不安があるそうです。

老後の生活不安

健康で元気で働けるうちは、まだいいですが年齢を重ねてくれば体力的にも働くことがきつくなります。さらに老後の不安は、健康維持や病気のこと、経済的な貧困だけではありません。

健康は誰にとっても最大の関心事ですし、お金の問題も常に不安がつきまとうのは事実ですが「孤独」だけはあまり意識していない人が多いようです。その理由は働いている時は孤独ではないからです。仕事をしていれば、常に人との接点はあります。

仕事を辞めてしまえば突然“孤独”が襲い掛かってきます。家族はいるけれど近くにいないとか、ご近所つきあいも、周りに人はいてもその人たちとのつながりがない、なんてこともありますからね。

いままで意識することのなかった“孤独”はそれまで何も準備していないことも多いため、最も深刻な問題になる可能性もあります。


働き続けることで老後不安を解消

老後不安を解消するためには、自分のペースで自分がやりたいと思う仕事をすることです。働くことによって老後の不安は解消します。多い少ないは別として、働くことで収入を得ることはできます。無理のないペースで働き続けることはむしろ健康によいでしょうし、そして働き続けることで人とのつながりも新しくできて、孤独に陥ることもありません。

こんなことを言っても、多くの人は「働きたくても働けない」とか「自分には特別な能力がないので無理」という人が多いのですが、決してそんなことはありません。外に人脈を作ることで、この人脈は「稼ぐ力」となります。そして稼ぐ力を身につけると、“自分が働く”ことでやりがいを感じ、同時にそれまでの自分の仕事とは全く異なる人生を思い描くことも可能になります。

自分で稼ぐ力を身につけること、そして自分の思い描く理想の人生を実現する準備をすることは50代に限らず40代、30代からでも早すぎることはないと思います。


老後の生活不安を解消するおひとりさま女性の秘策

わたしは老後の生活不安を解消するためにも全国どこからでも幅広く多くのかたと人脈が作れ、稼ぐ力にもなっている在宅型のネットワークビジネスをしています。

年齢を重ね、体力的に働くことができなくなっても在宅でコーヒー片手にパソコンにむかってゆっくりと活動できるので無理なくストレスフリーで活動することが出来ます。ネットワークビジネスは何の資格も特技も必要なく、関心がある方ならどなたでも参加でき、庶民が権利収入を構築できる魅力あるビジネスです。

老後の生活不安を解消する手段のひとつとしても、様々な事情で働きたくても外に出て働けず在宅ワークを希望されている方は、私がご紹介する、家から一歩も出ることなくパソコンがひとつあれば、できる完全在宅ネットワークビジネスが健康面、経済面、孤独などの不安を解消するには最適ではないかと思います!


在宅式ネットワークビジネスの資料をご覧になりたい方はこちら↓
老後の生活不安を解消する秘策