独身女性老後資金いくら必要?

未婚の独身女性や離婚後の独身女性など、あなたは老後資金にゆとりがありますか?

わたしは離婚後、ひとりの生活を気楽に楽しんでいます。ですが独身女性が安心して老後を過ごすためには「資金」が必要です。

いったい、幾らくらい必要かというと・・・
65歳で退職して90歳まで生きると仮定した場合の独身女性が、老後の生活資金として準備すべき額はおよそ1000万円だそうです。金融広報中央委員会が平成25年に行った「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)」による、50歳代の独身女性の金融資産保有額は、

700万円以上1000万円未満:6.7%
1000万円以上1500万円未満:13.5%
1500万円以上2000万円未満:6.7%
2000万円以上3000万円未満:10.7%
3000万円以上:20.2%

ちなみに60歳代では、1000万円以上保有が62.2%、うち3000万円以上保有が29.9%を占めているそうです。充分な貯蓄があるから安心!という方はいいですがそうでない方は独身女性が安心して老後を過ごすためには資金を準備をする必要があります。

わたしは独身女性の老後資金準備のために本業での労働収入の他、もう一つ、不労収入を得られる在宅ネット副業で老後の生活資金を準備できる方法を見つけました!

例えば、
毎月10万の不労収入があれば10万×12か月=120万円。
10年継続するとして120万×10年間=1200万になります。
さらに20年継続すれば120万×20年間=2400万になります。

50代独身女性が老後資金を増やす方法

老後資金 いくら必要 独身

50代のわたしが老後の生活資金を準備するために選んだのは、不労収入を得られる在宅ネット副業でパソコンを使う仕事です。パソコンや趣味に積極的に従事すると記憶や思考の低下を防げるとの研究結果もありますから認知症予防にもつながります^^

本業の合間の時間を活用して1日2、3時間程度の活動を継続する在宅ネット副業ですが、無理なくできますし、少し時間はかかりますがベースが出来てしまえば権利収入源の構築ができ、毎月継続的に不労収入が得られるのですから、こんなに素晴らしい在宅ビジネスは他にはないと思っています。

またパソコンを使う作業ですから孤独になりがちだと思われがちなのですが全国に同じ目的を持つ仲間が大勢いますから、励まし合い切磋琢磨しながらの活動でそれが、とても心地良い刺激となり活力にもなります。コミニュケーション能力も人間力も高められ、遣り甲斐のあるネットビジネスですから毎日が充実しています♪

悲哀な老後を過ごしたくない方必見!
老後資金 いくら必要 独身