ネットワークビジネス報酬プランバイナリーの壁

先日、学生時代の友人が「いい話があるから一緒に聞いてくれない?」というので、あるネットワークビジネスの話を聞きました。

商材はサプリメントで新しく立ち上げたばかりで代理店契約メンバーを集めていて報酬プランバイナリ―だということでした。

2人の登録者を紹介することによってネットワークを広げていけば2人×2人=4人 4×2=8 
8×2=16とシュミレーションしていくと報酬は大きなものになるから自分の購入した製品代を差し引いても遥かに大きな収入に繋がるという美味しい話(?)でした。でも、それはシュミレーション通りにうまくいけば、の話です。

バイナリーは、早期登録のほうが圧倒的に有利で2人だけをサポートすればよく、とても簡単そうですが実はそうでもないんです。

バイナリーでは力のあるアップのもとにつけば、自分に集客の力がなくても、アップが見つけた紹介者を自分の下につけてもらえたりします。でも左右のうち少ないほうの系列から報酬が発生する仕組みになっていて左右両サイドが同じように組織が伸びればいいのですが、なかなか、そうは行かず片方ばかりがどうしても片伸びしてしまいます。

例えば左右両サイドの組織が50人ずつならいいですが片方が100人構築されても、
もう片方が20人だとすれば少ない方の報酬になるわけです。

左右2系列のバランスをとりながらグループを拡大していくことで、収入が得られるプランです。ネットワークビジネス参加のタイミングや登録ポジションの数で収入格差が大きくなる報酬プランともいえます。

''バイナリ―報酬プラン''

わたしが聞いたネットワークビジネスの代理店契約の登録ポジションの数は5〜10でした。
1登録ポジション購入分が1万円くらいでしたから10登録すれば10万円です。収入を得るために毎月10万円の消費は大きいですよ。

シュミレーション通りにグループを拡大することができたら大きな収入が得られ何の問題はありませんが、そう、うまく行かないのがネットワークビジネスです。

美味しい話だと安易に決断せず上手くいかない場合は、どれだけ自分の負担となるかリスクも視野にいれて考え検討したほうが賢明です。

ネットワークビジネス購買型を知っていますか?

ネットワークビジネス報酬プラン

ネットワークビジネスの報酬プランはバイナリ―、ユニレベル、ブレイクアウェイ、ハイブリッドなど、いろいろありますが仕組みには購買型と販売型と2種類あるのをご存知ですか?

私が選んだネットワークビジネスは購買型プランです。
購買型は仕入れの必要がありません。仕入れた製品を売らなくてもいいので初心者でも比較的簡単に取り組み易く、登録時期や登録ポジションの違いにより収入の額に大きく差がつくこともなく、在庫を抱えることもなく、どんな人にも公平な報酬プランです。

ネットワークビジネスは購買型プランと販売型プランでは形態が異なります。
購買型ネットワークビジネスでは、ビジネスメンバーであっても自分が愛用する自己消費分だけの購入で良く、周りの人に売るのではなく製品やビジネスを紹介するだけでいいのです。

販売型ネットワークビジネスは製品の仕入れが必要です。仕入れた製品を販売し一定基準の売り上げをクリアし、さらに製品を売ることが上手く出来る人の組織(集団)をつくることで成功します。しかし売り上げが基準値に満たないと過剰な在庫を抱える危険性もあります。小売り販売が得意な方には向いています。

今海外では、販売のない購買型ネットワークビジネスが主流になりつつあります。
ネットワークビジネスを志すあなたは、この点を注意深く考え、あなたにふさわしい
ビジネスプランを選ぶといいですね。

在宅式MLMで毎月不労収入が振り込まれ続ける資産づくりのご提案

 完全在宅で成功できる秘密のメールセミナーをお届けします!
お名前
メールアドレス  半角英数字

*メールセミナーに登録させていただきます。
*携帯電話アドレスの場合メールが届かない場合があります。
*携帯電話アドレス以外でのご登録をお願い致します。
*メールセミナーは、ワンクリックで解除可能です。



Tag: バイナリ―報酬プラン 販売型 購買型
a:1455 t:1 y:0