ハウスワイフ2.0とは専業主婦の生き方

 
「ハウスワイフ2.0」という言葉を聞いたことはありますか?
昨年頃からアメリカで話題になり、日本でもその波は訪れています。

一流大学を出て、投資銀行や広告代理店、官庁などのエリート職に就いていながら、そのキャリアを捨てて、専業主婦となる20~30代の女性がアメリカでは増えているそうです。

「ハウスワイフ2.0」とはストレスのある高報酬より、ほっとできる暮らしを優先し、家事のノウハウを発信したり、手作りのスイーツ・服などをネットで売ったりとWebやSNSで社会とつながりを持ちながら暮らすの専業主婦のことです。

ネットやソーシャルメディアのおかげで、他の人々とつながり、孤立しないで様々なことに取り組める世の中ですからね。

日本では待機児童問題、ワークライフバランスなど改善されてきてはいますが、まだまだ働く女性の環境は十分ではないのが現状です。朝は慌ただしく子供を保育園に預け、仕事へ向かい、夕方お迎えに行ってバタバタと夕飯やお風呂に入れて寝かしつけたらもうグッタリなんてことはザラです。

専業主婦たちはブログを書き、Facebookで近況をアップし、なかには子育てや家事、インテリアなどについての記事をブログにアップし、アフィリエイトや広告収入でお小遣い稼ぎしている人も多く存在しています。

かつては家事や育児に、ただ追われるだけだった専業主婦が今、さまざまな形で社会とつながり、活躍の場を広げています。たとえ家から一歩も出なくても、今や世界中に情報発信ができる時代。インターネットを使えば自分の考えに共感してくれる人、自分のスキルを欲している人が簡単に見つかります。

インターネットの進歩で、個人の生き方・働き方がますます自由になっていく時代となりましたが正しい知識で自分に合った選択をできるようになることが重要です。

インターネットのネットワークビジネス

現在ではインターネットの普及によって気軽に起業できますが以外に知られていないのは、パソコンで起業もできるインターネットのネットワークビジネスがあります。メールの送受信ができれば特別なスキルはいらないですし、入会金も不要ですし、月々かかる経費は自己消費分の製品代だけですしリスクも少なくて済みます。

さらにコツコツ継続することで権利収入となる資産のベース作りができることが魅力です!とかく、身近な人に片っ端から声をかけて嫌われがちなネットワークビジネスですが、「インターネットによる集客なら私にもできるかもしれない!」このように考える人が集まり、皆で協力し合いながら活動を広げているのが、わたしの活動している在宅ネットワークビジネスです。

パソコンで起業したいとお考えの方、リスクがなく、副業から初めてみることが出来るので、ご興味があればメールセミナーを受講して自由への一歩を踏み出してみて下さいね!


高度なスキルが無くてもパソコンひとつで収入を得たい!とお考えならこちら!
ハウスワイフ2.0