ネットワークビジネス歴史 過去と現代

日本で最初にネットワークビジネス企業が設立されたのは1969年だと言われています。

その後、第一次ブームは1973年から1974年にかけてで、立役者となったのが1971年に設立されたAPOジャパン、1972年に設立されたホリディ・マジックです。

これらの企業の特徴は、販売登録や上級販売員に昇格するときには、その都度高額な「登録料」が必要とされていたこと、商品の販売をしなくても販売員をリクルートするだけで「スポンサー料」が得られる仕組みになっていました。

この仕組みは、人を勧誘することを主としたマネーゲーム的要素が強かったようで
後に団塊の世代と呼ばれる多くの若者を中心に爆発的に広がっていき、1973年から
1974年にかけて「マルチ商法=悪」という評判が日本で定着した時期になります。

1976年に無店舗販売を取り締まる法律「訪問販売等に関する法律」(後の「特定商取引法」)が制定されこれらの企業は「連鎖販売取引」として規定され問題企業は崩壊することになります。

でもその後、その企業の関係者によってマルチ商法は再興され、再び社会問題化することになった、この時期は、「天下一家の会」によるネズミ講の被害も続出しました。

第二次ブームは80年代前半日本シャクリーが1975年に、日本アムウェイが1979年に営業活動を始め企業に参加する人は、うなぎのぼりに増えていき、業績も伸びていきました。

70年代に消滅したマルチ商法が再興され、再び社会問題化し全国の消費者センターに相談・苦情の電話が殺到し、それを受けて、1988年には「訪問販売法」が改正されました。

その翌年から訪販法違反での摘発が続発され、再び「マルチ商法=悪」という評判を
世間に思い起こさせることになったのです。

第三次ブームと呼ばれているのがバブル崩壊後の90年代後半。その担い手となったのが、1992、1993年にそれぞれ開業したハーバライフオブジャパンニュースキンジャパンで特にニュースキンジャパンは初年度の年間売上が約128億円に達するほどの急成長だったそうです。

そして、この時期にもマルチ商法による被害が再び増加、1996年、2001年に「訪問販売法」は改正され規制が強化され、また2001年には「特定商取引法」と改称されました。

MLM歴史

このように過去を辿れば50年近くも「マルチ商法=悪」というイメージが強い中、代理店や消費者による口コミを利用して連鎖的に販売行為を行っても、なかなかうまく、いかない理由のひとつなのかもしれませんね。

過去の一部の悪徳企業や、利益優先で強引な勧誘に走ってしまったディストリビューターのおかげでイメージが悪くなりがちなネットワークビジネスですが、誠実に相手のことを考えながら良い商品を伝え、広めようとしている人も沢山いると思います。

一般のネットワーカーとは違い、人脈の要らない方法で集客している私ですが、これからも出会う人とのご縁を大切にし、誠心誠意フォローしてあげることを一番に考えて、楽しみながらネットワークビジネスを続けて行こうと思っています♪

ネットワークビジネス人脈がなくても成功する方法

a:1237 t:1 y:1