ネットワークビジネス報酬プランで一番大事なこと 

ネットワークビジネスは華やかなトップリーダーのイメージでもって
「このビジネスは稼げる」と思わないほうがいいです。
ネットワークビジネス報酬プランは、その配分に大きな違いがあるからです。

例えば
月収100万円を稼ぐのに、A社では、およそ500人のダウン組織が必要だと仮定します。
ここでは代表的な5%で降りてくるブレイクアウェイというシステムを採用するB社と6段目までのユニレベルを採用しているC社とを比較してみましょう。

(500人のダウン組織の場合)

 ◎A社  月収100万円
◎B社  月収45万円
◎C社  月収55万円

同じ人数をそろえても、A社とB社・C社とでは月収で約2倍もの差が付きます。

そして 月収1,000万円を稼ぐためには、A社では約43,000人が必要だと仮定します。
では、上記のB社とC社では43,000人の組織だといくら稼げるのでしょうか?

(43,000人のダウン組織の場合)

◎A社   月収1,000万円
◎B社   月収2,400万円
◎C社   月収3,100万円

この収入の差は努力の差ではなく、システムの差です。こうした差を生み出すのは
還元率の差ではなく、配当割合の差です。先ほどの2つをひとつに、まとめてみましょう。

(500人のダウン組織の場合)(43,000人のダウン組織の場合)

◎A社 月収100万円     月収1,000万円 
◎B社 月収45万円      月収2,400万円
◎C社 月収55万円      月収3,100万円

500人ではA社の収入の約半分だったB社、C社が、43,000人になるとA社の2〜3倍
の収入になりますね。A社は月収1,000万円を目指すには非常に効率が悪いシステム
だと言えますしB社とC社は一部の人が異常に儲かるシステムです。

''ネットワークビジネス報酬プラン''  

たくさんの努力をしてでも月収1,000万円を得てフェラーリを乗り回し高級高層マンションに住むような生活をしたいのであれば、B社やC社を選んだ方が良いですし逆にサイドビジネスや堅実な本業として取り組み、月収10万円〜100万円程度を目指したいのであれば、B社やC社よりもA社のほうが有利だということになります。

なかなか稼げない大勢の人たちの上で成り立つトップリーダーの凄い月収の通帳コピーで新規参加者を引き寄せようとする会社と普通の主婦やサラリーマンが月収10〜100万円を稼ぎやすい会社とでは参加後どちらの組織が安定するでしょうね・・・

ネットワークビジネスのトップリーダーの取り分を増やすとその他、大勢のダウンメンバーの取り分は減りトップリーダーの取り分を減らすと、その他大勢のダウンメンバーの取り分は増えます。これは当たり前の話ですよね。

「稼ぐ人は稼げない人達の存在で成り立っている」ということをよく理解したほうがいいですね。ネットワークビジネスの世界では、トップリーダーが高級外車を乗り回し豪邸に住み、ブランドファッションに身を包んでいるようなイメージを強く持たれている方も多いと思いますが堅実で地味なコツコツ型で長期安定型のネットワークビジネスも存在します。

どちらの報酬プランを選択するかはあなた次第です。
ですが「経済的にも精神的にも真にゆとりある人生を送る」という目標をお持ちの方はコツコツ型、堅実、長期安定型がおススメです。

コツコツ堅実な在宅式ネットワークビジネス成功法

 完全在宅で成功できる秘密のメールセミナーをお届けします!
お名前
メールアドレス  半角英数字

*メールセミナーに登録させていただきます。
*携帯電話アドレスの場合メールが届かない場合があります。
*携帯電話アドレス以外でのご登録をお願い致します。
*メールセミナーは、ワンクリックで解除可能です。



Tag: 報酬プラン
a:1189 t:1 y:2