知っておくべきネットワークビジネスの危険性

ネットワークビジネスを始めるときにアップや紹介者から「みんなそうしてる」「こうしておけば早くから収入が取れる」と聞くと戦略的なビジネス攻略法のようですが根拠も保証もなかったりすることもあるので安易に始めるには危険性が伴います。

それに説得されてしまうと自己消費分以上の大量の製品を買わされたり高額のローンを組まされたりします。そこからビジネスのスタートになるのでこれでは前途多難ですよね。

これは採用されているネットワークビジネスのタイトルのシステムが原因で例えば、登録時点で「タイトルを取っておけばボーナスの還元率が有利になる」という誘い文句は、在庫を抱えてしまう危険性が高いかもしれません。

ネットワークビジネスの基本は「商品とビジネス」の紹介をとおしてメンバーを開拓しネットワークを広げることです。「システムの優位性」と「実際のビジネス活動」を区別して考えましょう。

商品はあくまでも愛用者が必要とする分だけを購入することが大原則で、注文があってはじめて製品が流通されるシステムの導入が誰でも負担が少なく参加しやすい健全なネットワークビジネスではないでしょうか。

ネットワークビジネスの危険性・小売り

ネットワークビジネス製品の在庫を捌くために、プロの営業マンでもないあなたはいきなり小売りができますか?自分のグループができる前からニーズもないのに、またこれから先、売れるかどうかわからないのに商品の過剰在庫を要求するようなら敬遠したほうがいいかもしれませんね。先にタイトルを取ることと、それを維持するノルマ、条件を冷静に検討しましょう。

ネットワークビジネス危険性

ネットワークビジネスに限りませんが、物事がうまくいかない時口にするのは「言い訳」ではありませんか?「やらなくちゃいけないとわかっているけど忙しくて・・・」とか。

出来ない理由を探す名人は結局は「面倒くさがり屋」です。実はわたしも基本はすごく面倒くさがり屋です。世の中の変化は認めるし、何とかしなければと思っているけどできれば今の状態、仕事、生活を変えずに楽して物事を達成したい。という考えが本音かもしれません。

そしてネットワークビジネスに参加して誰かが自己改革の流れをつくってくれるだろうと自分勝手な思惑が動機になると、上手く行かず成果の出ない危険性が高いです。ネットワークビジネスは自分が主体性を持って活動し、やるべきことをやったひとにだけ成果が与えられます♪

出来ない理由を考えるのが言い訳でそれは人の心の中に無尽蔵にあり、そこから何らかの理由を探し当てるのは瞬時にできます。でも考えるべきは「どうすればできるか」で、全てはそこから始まるのだと思います。

ビジネスチャンスを新たな財産とするのか、それともこれまでの日常生活に埋没して単なる情報としてしまうのか。その大事な思考分岐点でどちらを選ぶかは自分自身です。

そして、ネットワークビジネスは楽して稼げるものではありません。どんな仕事もそうですがやはり収入を得る為には工夫と努力が必要です。

ネットワークビジネスで「 権利収入」を手にしたいのであれば多少でも 在庫を抱える可能性があるものよりも、小資本で始められ製品は自分や家族だけが必要な分だけの購入で済むネットワークビジネスを選ぶと良いと思います。

ネットワークビジネス危険性