ダイエットでキレイになる秘訣はオメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、細胞膜の構成要素の一つで体の調整物質の一つです。
キレイにダイエットするには、良質な油が欠かせないといわれます。

オメガ3脂肪酸には様々な健康効果があるといわれますがキレイにダイエットする秘訣は良質な油であるオメガ3脂肪酸は必須のようです。このことは、ミス・ユニバース日本代表専属栄養士のエリカ・アンギャルさんもテレビ番組や書籍でも紹介しています。

なぜオメガ3脂肪酸のような良質な油がダイエットに欠かせないかといえば、「良質な油は代謝を促し、体脂肪が落ちやすくなる」からです。オメガ3脂肪酸は(EPA・DHA)を多く含んだ油・食品です。

EPAとは
エイコサペンタエン酸の略称で、ヒトの体内では作ることのできない栄養素です。特に青魚に多く含まれています。

DHAとは
ヒトの体内では作ることのできない栄養素です。DHAは、オメガ3系列の多価不飽和脂肪酸で、特にマグロなどの青魚の頭部に多く含まれています。

他にも、いわし、さば等の青魚、サーモンの魚油に多く含まれています。また脳神経、視神経や脳の発達とオメガ3脂肪酸の関連研究発表もあり、今、最も注目される栄養素なのだそうです。

昨今、日本人の食生活が欧米化したことからオメガ3脂肪酸の摂取量が必要量に足りていないそうですからしっかり摂ってきれいにダイエットしたいですね^^

油の摂り方 育ちざかりの子供脳に悪影響

オメガ3脂肪酸

私たちが必ず摂取するべき「脂質」は2種類あります。
オメガ3系脂肪酸のαリノレン酸とEPA(DHAも含む)とオメガ6系脂肪酸のリノール酸とアラキドン酸。

αリノレン酸は、しそ油、えごま油、亜麻仁油などに多く含まれEPA・DHAはイワシやサバなど青魚に多い成分で脳を活性化させると言われています。

オメガ3系脂肪酸は細胞膜を柔らかく保つ役割があります。
リノール酸は、大豆油、コーン油、紅花油、ごま油、菜種油など植物油に多く含まれています。

オメガ6系脂肪酸はカラダに必要ですが細胞を硬くする性質があり、摂り過ぎは禁物です。これら2種類の油をバランスよく食べることで細胞がしなやかに、丈夫に維持できるそうです。

オメガ3系脂肪酸を1 オメガ6系脂肪酸が4の割合で摂取すると理想的バランスだといわれます。でも現代人は知らずしらずとオメガ6系脂肪酸を摂取しすぎています。

オメガ6系脂肪酸は外食メニューや調理済み食品、加工食品、お菓子などにたくさん含まれています。クッキー、ホイップクリーム、マヨネーズ、フライドポテト、パンケーキ、ドーナツ、コロッケ、天ぷらなど。

オメガ6系脂肪酸を摂りすぎると細胞膜のバランスが崩れて硬くなり、肌の乾燥やアトピー性皮膚炎、花粉症の原因になったり血液が汚れ、ガンや認知症などさまざまな病気の引き金になるそうです。

油の質が育ちざかりの子どもの脳にも悪影響を及しかねないし美容や健康のためにもバランスよく摂取したいですね。

サプリメントの選び方 かしこい消費者になる方法

良質なサプリメント製品にご興味のある方はこちらへどうぞ!