アメリカのサプリメントを利用するなら知っておきたい法律

1994年、アメリカで「ダイエタリーサプリメントヘルスアンドエデュケーションアクト(DSHEA法)=栄養補助食品健康教育法が成立しました。

DSHEA法の大きな柱は、従来の2分類に加え、新しい「ニュートラスティカル」(中間自然成分)と呼ばれる中間に位置する分野を確立したことです。

「ニュートラスティカル」(中間自然成分)とは、自然成分からなる有効成分があるもの、つまり「食品」でありながら「薬」のように作用する製品です。

認定されるためにはかなり厳しい審査をパスしなければなりません。
一般的に科学調査で安全性、安定性が認められ、動物実験による完璧なデータが出ていること、さらに人体においても100パーセントの明白な効果データが出ていることが要求されます。

DSHEA法ではサプリメント製品のラベルに情報表示が義務付けられ、下記のようなデータがあれば効能を表示することが可能となりました。

・薬のような作用があること

・科学的な調査により、安全性と安定性が認められていること

・動物実験によるデータが完全であること

・人体においてもデータによる完璧な効果が認められていること

かなり厳しい条件がありますが、このDSHEA法によりアメリカのサプリメントの
利用者は効能を知ることができるようになったのです。

アメリカのサプリメントが高品質といわれる理由は、このDSHEA法も大きく関わっているわけですが、消費者にとっては製品ラベルの情報表示は意義のあることです。


アメリカと日本のサプリメントの違い

アメリカはサプリメントの分野では、日本よりも随分と先進国です。アメリカでは、サプリメントは医薬品と食品の間に位置づけられていて「食事+サプリメント」で健康を維持するという考え方が広く社会に浸透しています。

(ちなみに日本では、法的にいうと、口に入れるものは「医薬品」か「食品」かに
しか分けられていません。日本ではサプリメントはあくまで食品のくくりなのです。)

サプリメントは、毎日の食生活の中で不足しがちな栄養素や機能性に優れた成分を
手軽に効果的に補い、自然治癒力を高めるサポートをします。

日本の法律では「サプリメント」は「食品」という位置付けであり「医薬品」ではないため効果や効能を謳ったり保証することはできませんが、アメリカでは、食品と医薬品の中間的存在である「サプリメント」(栄養補助食品)が明確に定義されています。




サプリメント

アメリカの医療用サプリメントと一般的なサプリメント違い
・MLMサプリメントの選び方 かしこい消費者になる方法
・MLM(ネットワークビジネス)とは?基礎知識







Tag: サプリメント アメリカ